塗装目安


外壁を手で触ると粉のような物が付着する

 

外壁(トタン)サビが出来ている


外壁のシール(縦や横等にあるゴム状の物) にヒビ割れがある

 

外壁にヒビ割れや、亀裂がある

 

屋根にコケや汚れが見える


樋のバンド等にサビがある(その他の鉄部等の部分も含む

 

軒天(天井)に色あせや、はがれ、膨れた箇所がある

 

鼻隠しや破風(木部部分)が腐っていたり裂化している。

 

 

大まかに上記内容等の症状が出始めていれば、塗装目安のサインになります。
塗装は安いお金ではありませんので、なかなか判断に迷いが生じてしまいますが、無理な長持ちは塗装の保護が出来なくなる事もでてきます


目安としては、屋根・外壁の素材にもよってきますが、およそ10年~15年の間に行うのがベストです。


塗り替えのタイミングは、人の病気等で例えて考えて頂けるとわかりやすいと思います。  

ひどくなるまで放置しますと、治すのに時間とお金がかかます。
症状が出始めた頃のタイミングで治療すれば、時間もお金も安くて済みます。
症状の出始めで塗装して頂くと、外壁や屋根が完全に傷みきる前に、保護出来ますので費用も抑える事ができます。