火災保険とは

ご自宅でご加入されてます、火災保険は、どこまでが適用範囲か皆様、意外と把握されてみえないケースが多いように思われます。
お客様からよく聞きますが、火災のみの適用と思われてる方もいらっしゃると思います。
しかし、その他の自然災害にも、適用される事例がほとんどです。
ご自宅の修繕で申請される多くの事例は、主には台風や強風等による、樋や屋根への損害が発生する風災。
雪による樋の曲がりが生じる雪災 大雨等による雨漏り等がおきる水災です。

また上記災害箇所に大雨が重なり、室内への雨漏りの被害が発生するケースもあります。

それらをお客様の自己負担無しで、修繕出来る可能性があるのが、ご加入済の火災保険になります。

  • 注意点/トラブルの事例
  • (よくある事例)
  • 無料で修繕出来ると言われ、保険申請の認可前に契約をし、実際は認可がおりなかったが、キャンセルは出来ないと実費修繕を要求されたという事例が少なからずあります。ご契約される際は必ず申請の認可がおり金額が確定してからをお勧め致します。
    •  
    • 火災保険の申請は皆様の大事な権利です
    • 近年自然災害の多発により、火災保険の申請や扱う業者が急激に増えたことにより、中には上記トラブルの事例も増えお客様がご加入の保険会社さんから注意を促される事もあると思います。お客様の中には怪しい話と思われてる方もいらっしゃるかと思います。しかし、きちんとした業者を通しての申請は全く問題はありません。イメージとしては私たちが怪我や入院の際に保険に加入していると、お金の負担が減る保険と同じです。ですので建物が自然災害で壊れた時に、自己負担が無く済むように日ごろお支払いいただいている保険ですので、きちんと直していただく為にも申請はしてみないと損ですし、お客様の権利でもありますので、思い当たる箇所がある場合は一度申請していただく事をお勧め致します。但し、必ずしも負担無しで修理が出来るわけではありませんのでご注意下さい。
    • 申請や損傷箇所の調査は無料ですので、申請してみないことには判断されませんので、まずはお気軽にご相談下さい
  • 火災保険の適応範囲・手順
  • ステップ1
  • 火災保険に加入済である
  • ステップ2
  • 台風や強風・雪等による損傷箇所がある
    (樋・屋根・天井等) ※下記写真をご参考にしてください
  • ①主に軒天井の破損・欠損・剥がれ
  • ②樋の勾配不良・曲がり・欠損
  • ③屋根漆喰の欠損・剥がれ
  • ステップ3
  • 連絡をしていただいた後、損傷個所の状況調査にお伺い致します
    図面や写真等、申請に必要な手続きを承らせていただきます
  •  

 

補足


提出用の図面や必要書類、写真等を揃えてから申請手続きになります。
ご相談いただき、お任せいただければ、上記書類や写真の作成、申請手続き等、手間な事はお任せ下さい。         

もちろん無料で、現地調査、書類の作成等もさせていただいております。

宜しければ、一度ご相談下さい。

どのような状況であれば、申請が可能かは、最終的には保険会社さんの、鑑定士さんの診断によります。